小石原焼の特徴

 生活雑器としての道を歩みながら、「用の美」を確立した小石原焼。飛び鉋、刷毛目、櫛目、指描き、流し掛け、打ち掛け などの技法で表現される独特の紋様が特徴で、素朴で温かい風合が持ち味です。多くの窯元後継者は、伝統の技を受け継ぎながら、小石原焼の発展を願って、新しい作風にも挑戦しています。

飛び鉋/飛びかんな/トビカンナ

飛び鉋の壺 飛び鉋の茶碗 飛び鉋の酒器
 生乾きの生地に化粧土をかけた後、ロクロで回転させながら、湾曲した鉋で化粧土部分を削り取って模様をつける技法で、鉄分の多い小石原の陶土の特徴を生かしています。

刷毛目・櫛目

刷毛目の皿 刷毛目の茶器 刷毛目の皿
 化粧土をかけてすぐ、ロクロを回転させながら刷毛や櫛を当てて模様をつける技法です。

指描き

指描き 指描き 指描き
 化粧土をかけてすぐ、ロクロを回転させながら指で模様をつける技法です。

流し掛け

流し掛け 流し掛け 流し掛けの茶器
 ロクロをゆっくりと回転させながら、壺などの側面に釉薬や化粧土を等間隔に流していく技法です。

打ち掛け

打ち掛けの雲助 打ち掛けの花器 打ち掛けの大壺
 成形した作品に、釉薬を盃などに入れて少しずつ浴び掛ける技法です。

ポン描き

ポン描き ポン描き ポン描きの徳利
 竹の容器の口から流れ出る釉薬を調整しながら一気に描きあげます。