鶴見窯は東峰村大字小石原鼓の鶴地区にあって、素朴な土の温もりを持つ小石原焼の伝統を守りながら現代感覚あふれる器づくりを目指している窯元です。
和田義弘さんは、父米敏さん(伝統工芸士)と親子で作陶しながら、小石原焼に新風を巻き起こしたいとの思いを胸に、ロクロに向っています。