2017年7月5日九州北部豪雨の被災地(東峰村)視察にご案内します。
■写真は2017年7月5日〜7日に撮影した写真です。

contents

HOME
小石原焼・高取焼
観光スポット
体験スポット
お食事処
特産品
まつりカレンダー
観光ガイド(案内人)
交通アクセス
リンク

お問合せ先

東峰見聞録管理人
[東峰村ツーリズム協会]

〒838-1602
福岡県東峰村大字小石原鼓3764-1 東峰村全図
電話 080-5275-1040
E-mail: toho■bm.main.jp


九州北部豪雨被災地視察のご案内

 視察の受入れは11月以降で当分の間、復旧工事の関係で土曜日、日祝日のみとします。
 福岡県東峰村は、2017年7月5日九州北部豪雨により、村内全域で甚大な被害が発生しました。現在復旧に取り組んでいます。被災地視察では、災害現場の視察、災害発生時の状況、復旧・復興への取り組みなどについて、東峰村ツーリズム協会の認定ガイドがご案内します。
 ■被災地視察のガイド料は1人1時間1,000円です。(2時間から5時間 2名からご案内)
 ※視察案内は被災地応援を目的としていますので、東峰村の特産品をぜひご購入ください。

■被災地視察のお問い合わせ・お申し込み
  東峰村ツーリズム協会
  電 話 080-5275-1040 (受付時間 9:00〜18:00)  E-mail: toho■bm.main.jp(■は@です) 

1.被災現場の視察にご案内します。

 東峰村の九州北部豪雨で甚大な被害を受けた被災現場にガイドがご案内して、災害直後の様子や災害復旧の状況をお伝えします。
 【災害現場視察先の例】
 ■JR岩屋駅と屋椎地区を襲った大規模土石流 ■河川氾濫と土石流と火災発生の鶴地区
 ■JR橋脚に大量の流木が掛かり住宅浸水した延田地区 ■砂防を倒壊させた巨石流の千代丸地区
 ■河川氾濫で旧家流出の大行司地区 ■工房と窯場が被災した小石原焼窯元

2.九州北部豪雨当日の状況をお伝えします。

 2017年7月5日の昼ごろ降り始めた雨は、21時過ぎまで降り続けて総雨量743mm、時間雨量は100mmを超えました。当日災害対応に従事していた村民ガイドが当日の状況を直接お伝えします。
 【災害当日の状況】
 ■当日朝の天気予報は曇りのち小雨程度の予報だった。
 ■当日は大雨注意報なしでいきなり大雨警報が発令された。
 ■記録的短時間大雨情報を発表。
 ■橋に流木が引っ掛かり河川が氾濫し大災害となった。

3.災害復旧・復興の取り組みをお伝えします。

 災害発生直後から今日までの復旧と復興の取り組みについてお伝えします。人命救助、安否確認、ライフラインの復旧など、災害直後、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、そして今の取り組みをお伝えします。
 ■避難所の開設と支援物資の受け入れ
 ■災害ボランティアセンターの開設とボランティアの活動
 ■道路、電気、通信、水道などライフラインの普及。
 ■災害土砂と流木の処理と災害ごみの処理。
 ■公共災害復旧や農地災害復旧。

4.被災地を応援る特産品のご購入をお願いします。

 東峰村には、小石原焼・高取焼の陶器、棚田米、梨、トマト、しいたけ、高原野菜など美しい村の特産品があります。災害視察いただきます皆様には、窯元や直売所で東峰村特産品のご購入をお願いします。東峰村の産物を購入いただくことは、東峰村を支援することになります。

5.被災地視察のガイド料とモデルコース

 被災地視察のガイド料は1人1時間1,000円です。2時間から5時間で2名様からご案内できます。

 【視察モデルコース】
 @待ち合わせ⇒@九州北部豪雨の説明(車中)⇒A被災現場視察⇒B小石原焼窯元見学⇒C村の観光名所ご案内⇒D道の駅小石原⇒解散

災害視察のお問い合わせ

  【東峰村ツーリズム協会】
  電 話 080-5275-1040 (受付時間 9:00〜18:00)  E-mail: toho■bm.main.jp(■は@です)
  ※土曜・日曜・休日はメール確認ができませんので、電話でお問い合わせください。