赤絵碗

contents

HOME
小石原焼・高取焼
観光スポット
体験スポット
お食事処
特産品
まつりカレンダー
観光ガイド(案内人)
交通アクセス
リンク

お問合せ先

東峰見聞録管理人
[東峰村ツーリズム協会]

〒838-1602
福岡県東峰村大字小石原鼓3764-1 東峰村全図
電話 080-5275-1040
E-mail: toho■bm.main.jp


◆著作権等について 

サイトポリシーに掲載しています

小石原焼の歴史  

 小石原焼の起源は、1669年(寛文9年)白旗山(飯塚市)から掛勤めで鼓釜床にきていた初代高取八蔵の孫である八之丞が中野(大字小石原皿山)で陶土を見つけ移り住み、擂鉢や甕類を焼いた。その後、1682年(天和2年)に黒田藩三代藩主光之が肥前伊万里の陶工を招き、八之丞と共に大明(中国)の製法にならって磁器が作られる。製品は民用の日用雑器で、当時小石原焼は中野焼と呼ばれていた。
 中野焼は一時途絶えたと思われるが、享保年間の末(1729年頃)高取焼にならい再興され、磁器から陶器を作るようになる。(この頃陶家8戸、登り窯3基)
 1835年(天保6年)「筑前国続風土記拾遺」によれば、「産物中野にて陶器を製す。酒壺、花器、茶瓶、擂鉢、井樋などの類・・・」とある。
 1901年(明治34年)の統計資料によると、窯元は10戸、共同登り窯2基とあり、当時から窯元は共同体的生産構造で、家内手工業的生産形態を長く維持してきた。小石原焼の大きな転機となったのは、第2次世界大戦後から始まりました。敗戦後の物資不足から、擂鉢、甕類などの荒物の需要が拡大し、1948年(昭和23年)に九州民芸協会が設立された頃から九州における民芸運動が活発化して、小石原焼が広く民芸陶器として消費者に受け入れられるようになる。
 1958年(昭和33年)ブリュッセルで開かれた万国博覧会日本館第3部において、小石原焼がグランプリを受賞し、「用の美」としての脚光を集めるようになる。1960年(昭和35年)には日本民芸協団により日本工芸館小石原分館が皿山に建てられる。(現在の小石原工芸館)1962年(昭和37年)10月に民陶祭が初めて開催される。
 昭和40年代に入ると活況期を迎え、窯元数はこの10年間に約15戸増加した。この頃には、原土粉砕機や電動ろくろ、土練機など機械化が進み、生産量も増えた。共同窯から個人窯が増え、市場は全国に広がり、製品は受注生産型から見込み生産型に変わる。
 1975年(昭和50年)に陶磁器として初めて通産省の「伝統的工芸品」に指定される。1983年(昭和58年)ごろからの好景気で消費が拡大し、小石原焼は生産のピークを迎え、このころ窯元数が約15戸増える。昭和35年ごろは9戸であった小石原焼窯元数は、現在50戸にまで増えました。
 1987年(昭和62年)に小石原焼古窯跡発掘調査が始まり、1989年(平成元年)文献の記述を裏付ける貴重な絵付磁器の出土品が発掘される。(伝統産業会館蔵)1998年(平成10年)には、小石原焼の博物館小石原焼伝統産業会館と道の駅小石原「陶の里館」がオープンする。
赤絵碗 現在窯元数は沈滞し、生産量も減少傾向にある。約350年前の江戸時代に起こった小石原焼は、時代の流れの中で繁栄と沈滞を繰り返しながら、絶えることなく庶民の生活雑器を作り続けている。「土と炎と技」が創り出す伝統を守りながら、生活の器として愛される小石原焼。今、手仕事が見直される時代である。
 小石原焼と民芸運動の紹介ページはこちら
 小石原焼の特徴と伝統技法の紹介ページはこちら
                           文責:東峰見聞録管理人  参考文献:小石原村誌

小石原焼観光ガイドのご案内

 小石原焼観光ガイド(案内人)が小石原焼の歴史をめぐる旅にご案内します。