キャンプファイヤー 自然観察 グループワーク キャンプの食事
★キャンプインストラクター養成講習会の様子:@キャンプファイヤー・A自然観察・Bグループワーク・C夕食の様子
   
★キャンプインストラクター養成講習会の様子:@自然観察・A野外炊飯・B夕食の様子・Cロープワーク実技

キャンプインストラクター養成講習会(福岡県会場)

 自然体験活動(キャンプ)の楽しさを多くの人に伝えることのできる指導者の養成を目指してキャンプインストラクター養成講習会を開催します。
 2019年7月5日〜7日福岡会場開催の募集チラシはこちら(933KB) ※申込は2019年3月1日から

2019年キャンプインストラクター養成講習会開催情報!

 福岡県キャンプ協会が夜須高原青少年自然の家で開催するキャンプインストラクター養成講習会です。
 ※2019年の開催日は、2019年7月5日(金)〜7日(日)までの2泊3日で開催します。
 ★2019年の理論講習は、キャンプを楽しむための知識や野外での安全を中心に講習を行います。
 ★2019年の実技講習は、テント設営やアウトドアクッキングはもちろん、選択活動を取り入れ、受講者する皆さんの「体験したい。学びたい。」内容を選択することができます。

◆キャンプインストラクター養成講習会募集要項

 ■期 日 : 2019年07月5日(金)〜7日(日) 2泊3日
 ■会 場 :国立夜須高原青少年自然の家(福岡県朝倉郡筑前町)(施設HPを開けます)
        ※施設の全面協力により充実した講習ができます。バイキングの食事も美味しいです。
 ■主 催 : 福岡県キャンプ協会 ■主 管 : 福岡県キャンプ協会普及委員会
 ■応募資格:18歳以上(福岡県内だけでなく全国から応募が可能です。
 ■講 師 :
  キャンプディレクター1級の指導者が担当します。(優れた実践活動指導者を特別講師として招きます)
  ※福岡県キャンプ協会の講師は個性的で魅力的。アンケートによる受講者の満足度は高いです。
 ■受講料: 15,000円(講習費、食費、傷害保険代、情報交換会費など)
 ■受講内容
   キャンプの理論、キャンプの実技、安全管理、自然観察と野外ゲームなど、総合的に学びます。
   福岡県キャンプ協会の養成講習では、ソロ活動を実技に取り入れています。
   ※受講者意見交換や情報交換もあり、受講者にも大変好評です。
 ■登録申請
   全日程受講し、認定テストに合格する とキャンプインストラクターに登録申請できます。
   ※合格率は98%です。受験登録申請には別途15,000円(全国共通)が必要です。
 ■メッセージ
  「わかりやすくて、おもしろくて、ためになる。」 講習をめざします。
  自然体験活動指導者を目指す方には絶好の養成講習会です。
  キャンプの知識や技術の習得はもちろん、キャンプ指導者の人的ネットワークが広がります。

◆キャンプインストラクター資格取得の特典とサービス

 ■資格を生かした活動の場が広がります。
 ■登録と同時に指導者賠償責任保険に加入します。
 ■会員だけの割安な「キャンプ保険」に加入できます。
 ■会員情報紙「CAMPING」をお届けします。
 ■協会主催の講習会などに会員料金で参加できます。
 ■日本キャンプ協会公認キャンプディレクターを目指すための基礎資格です。 

◆2019年7月開催の参加者募集チラシ

  募集チラシを下記PDFファイルでご覧いただけます。★2019年の申し込みは2019年3月1日から。
  2019年7月開催の募集チラシ(933KB) ※受講申し込み用紙付き

◆2018年受講申し込み方法

  上記募集チラシを確認し、必要事項を記入して、e-mail・FAX・ 郵送でお申し込みください。
 申し込み者には、詳しい受講案内を郵送します。
 ■申し込み受付期間:2019年3月1日(金)から6月27日(木)※申し込み先着順(定員30名)
 ■申し込み・問い合わせ先
   〒838-1602 福岡県朝倉郡東峰村大字小石原鼓3764-1-B
   福岡県キャンプ協会 副会長 小野豊徳(おの・とよのり)
   電話:090-1165-3923(携帯) FAX:0946-74-2730
    e-mail:ono■toho.main.jp (■は@です)

◆キャンプインストラクターの活動

 青少年の自然体験活動はもちろん、地域や職場で指導者資格を活かした活動の場が広がります。キャンプインストラクターとして、さまざまな団体や自治体、企業などが主催するキャンプにスタッフとして参画することも可能です。また、自らキャンプを企画・運営することもできます。
 キャンプを安全に楽しむためには、キャンプ技術の習得はもちろん、キャンプの安全について、学ぶことも大変重要です。指導者としてキャンプの基礎を身につけることは、キャンプの楽しさを多くの人に伝えるために役立ちます。現代社会において、子どもたちの「生きる力」が問われています。キャンプの様々な体験活動は、「生きる力」を育てる活動でもあると言えます。
 地震や豪雨など自然災害が発生している今日、いざという時に役立つキャンプの知識や技術を身につけることも有効です。また、福岡県キャンプ協会は、福岡県内の小中学校が実施する集団宿泊事業にキャンプ指導者を派遣しています。今、総合的な自然体験活動であるキャンプ指導者が社会に求められています。
  福岡県キャンプ協会 副会長 小野豊徳

2019年キャンプインストラクター養成講習会(後期開催予告)

 福岡県キャンプ協会が北九州市立玄海青年の家で開催するキャンプインストラクター養成講習会です。
 ■期  日 : 2020年2月 2泊3日予定
 ■会  場 : 北九州市立玄海青年の家(施設HPを開けます)
          〒808-0121 福岡県北九州市若松区大字竹並126-2
 ■定  員 : 30名(申込み先着順  最終締切:未定
 ■受講料 : 未定  (講習費・食費・傷害保険代・テキスト代を含む)

  募集チラシを下記PDFファイルでご覧いただけます。★2019年の申し込みは10月から
  2020年2月北九州会場開催の募集チラシは2019年10月1日UP予定

キャンプの装備
■キャンプの装備【講師の装備に学ぶ】
福岡県キャンプ協会会長
■福岡県キャンプ協会の大橋会長
キャンプファイヤー
■キャンプファイヤー【小さな炎を囲んで】
テント設営実習
■テント設営実習【様々なタイプのテント設営】
ロープワーク
■ロープワーク実習【どう使うかを知ることが大切】
自然観察
■自然観察【自然の営みを知る】 

■2018養成講習会受講生
2016受講のみなさん
■2016養成講習会受講生

■2015養成講習会受講生

■2014養成講習会受講生
2013年受講生集合写真
■2013養成講習会受講生
テント設営実習
■テント設営実習の様子

■キャンプの装備と使用法実技
火点け実習
■ソロ活動(火点け実習)
キャンプの食事
■野外炊飯と夕食の様子
グループワーク
■グループワーク実習
救急法実習
■キャンプの安全(ファーストエイド)
草笛に挑戦
■アクティビティー(草笛に挑戦)