contents

HOME
小石原焼・高取焼
観光スポット
体験スポット
お食事処
特産品
まつりカレンダー
観光ガイド(案内人)
交通アクセス
リンク

お問合せ先

東峰見聞録管理人
[東峰村ツーリズム協会]

〒838-1602
福岡県東峰村大字小石原鼓3764-1 東峰村全図
電話 080-5275-1040
E-mail: toho■bm.main.jp


東峰村の観光ガイドはこちら

◆著作権等について 

サイトポリシーに掲載しています

行者堂と香水池

 小石原字宿平の行者杉の森には、修験の始祖「役行者」(えんのぎょうじゃ)の木像が安置されている行者堂や石積みの護摩壇、香水池など修験道に縁の遺構や遺跡が残っており、当時の面影を今に伝えます。
 樹齢600年といわれる杉の巨木群「行者杉」については、行者杉のページ をご覧ください。

 東峰村の観光ガイド(案内人)のページはこちら

行者堂と役行者

 行者堂は深仙宿(じんせんしゅく)と呼ばれ、修験者峰入修行(春峰)の重要な行場で、どの宿よりも長い一週間滞在して修行したといわれます。行者堂には、木彫りの「役行者」彫像があり、高さ四寸の二本歯高下駄を履き、右手に錫杖を持ち坐した木像は、全国的にも珍しい大作で、1595年(文禄4年)肥前国叡盛が奉納。「役行者」は、正式には「役小角」(えんのおづぬ)といって、実際小さな角が2本あります。
 一部の画像は、クリックすると別画面で拡大表示します。(600×450サイズ)

行者堂 香精堂 役行者
護摩壇 前鬼・後鬼 山犬
 ■行者堂の正面上段には、「香精童子」を祀る石堂があり、1773年(安永2年)造立されている。(上中央)
 ■護摩壇は、径3.10m、高さ0.95m、1782年(天明2年)造立。平成元年解体修復している。(下右)
 ■役行者のお供「前鬼(ぜんき)後鬼(ごき)」「山犬」は、行者堂に役行者脇に坐している。(下中央・右)
 ※「役行者」、「前鬼、後鬼」、「山犬」は、通常開帳していない。当協会のガイド同行で参拝ができる。

◆役行者と大蛇の話

 701年(大宝元年)、役行者は唐の国に修行の旅に出かける途中、現在の行者堂付近の沼地で悪さをはたらく大蛇を、「香精童子」の力を借りて法力で懲らしめたといわれています。

紙芝居1 紙芝居2 紙芝居3
 ※紙芝居「役行者と大蛇の話」は、当協会ガイドがお話しします。(11枚約10分)

◆香水池と膝石

 「役行者」が大蛇を懲らしめたとき、錫杖(しゃくじょう)で地面を撞(つ)いてできたのが霊泉「香水池」といわれています。古来より、五穀豊穣を願い病害虫駆除の霊薬として、近隣在郷から「お水もらい」群参したといいます。
 小石原の地質は、小石原焼の陶土に適した鉄分を多く含んでいるため、井戸水は飲料には適さない。しかし、この香水池だけはきれいな清水が今も湧いている。(湧出量は非常に少ない)

香水池1 香水池2 香水池3
 ●香水池の左右にある窪んだ石は「膝石」といって、膝をのせ霊泉で洗えば痛みに特効ありとか。

◆交通案内

 行者堂へは、マイカーが便利です。
 ●マイカー 国道500号沿い大字小石原字宿平の峠付近。(中型バス以上は通行できません)
 ●JR利用  JR日田彦山線 英彦屋駅より車で約8分。
 行者堂の地図はこちら